製本の仕事のカテゴリーを作りました

前に作った製本の仕事カテゴリーが埋没してしまったので上げました。
ここから飛べます製本の仕事

fc2用和本1


内容抜粋
個人でやっている和本製本屋さんて何やってるの?と訊かれても一言で説明するのは難しいです。
ホームページにもある程度載せましたが、少しずつ描き足すのにはHPはちと面倒なのでブログのページを使うことにしました。
詳しい事はおいおい製本屋本人に語ってもらうとして、とりあえずブログ担当の私が簡単にうちでやっている仕事の紹介をさせていただきます。

西洋にはルリユールなどの製本の世界が確立されていて、日本でもわざわざ「製本」というとだいたい洋本の事だと思われています。日本の昔からの製本は、江戸時代までは経師屋さんの片隅で行われていたり、女性の仕事だったりと、製本屋という職業として独立してはいなかったようです。今でも軽視されがちな仕事ですね。

それはさておきうちでやっている仕事としては注文に応じて、和本のものと洋本のものと両方やっています。
たとえばHPにアップしたように貼り込み帳やたとうなどは和本(HP参照)(ブログの中「和本」)が向いていますし。

洋本(ブログのページ参照)の仕事ではこのようなものもできます。

また、和本、洋本ともに古い本修理もやっています。これについてもまた新たに書いていく予定ですのでお待ち下さい。

浅野哲示ホームページ


製本の仕事 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/06/25(月)14:35

2018年夏のハガキ

大変遅くなってしまったのですがハガキのご案内です。
図案はホオズキ人魚、ミョウガの花、青アサガオ、青い田んぼ
夏野菜、流水などもご希望があれば作ります。

去年と同じく取り合わせ自由で 1枚¥150、 5枚¥700、 7枚¥950
送料は¥180~¥350です(厚みによって)。
お届けは7月の初め頃になりますが、どうぞよろしくお願いします。

fc22018夏ハガキ案内web用色補正

natuyasai.jpg     ryuusuri.jpg


テーマ:アート・デザイン│ジャンル:学問・文化・芸術
お知らせ | トラックバック(0)2018/06/17(日)20:19

モニターしてみました

常々古い作品やモチーフなどの置き場所に困っているので、ヨドコウの「クラウド物置」のモニターを体験してみました。
これはヨドコウから送られてくる段ボール一つ分の物を一月¥500で預けられるというシステム。
貸し倉庫を借りるには大げさだという時に便利です。
第一、自分で運ばなくても家まで取りに来てくれるのがいいですね。

届いた段ボールはすごい大きい!!子供なら2人くらい入れそうです。
まずは昔作っていた木版の版木とか、カレンダーの原稿を入れてみました

fc2箱に入れたところ1

次にビデオデッキ(ほとんど見ませんが、いくつかまだビデオがあるので一応とっておきたい)
モチーフによいかなと置いてある魔除けのお面2つ。まだまだ余裕があります。

fc2箱に入れたところ2


重さに制限があって25kgまでということです。
だんだん重くなってきましたので後は軽い物、花かごとお盆提灯、これもモチーフ用です。
それと昔子供教室をしていた時の生徒作品の束、後はスペースを埋めるプチプチなどを詰めて終わりです。

fc2箱に入れたlast

かなり大きな段ボールなので、その分だいぶ片付きました。
預けた物も撮影してくれて、マイページから見られるので安心です。

最後に一つだけ気になったことは、箱が厚ぼったいとはいえ段ボールですから
保存場所はおそらくうちなどより空調が効いていると思いますが、
雨のひどい日に預けた場合、運ぶ途中で湿気が入らないかと気になりました。

#ヨドクラウド物置 #趣味なび #PR
ヨドクラウド物置




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/06/06(水)17:48

«  | HOME |  »


プロフィール

manago

Author:manago
はじめましてmanagoです。
日本画や絵本を描いています。

ブログの始まりは田舎日記でした。カテゴリー「旧ブログ田舎日記」を古いもの(6月5日http://uchumu.blog120.fc2.com/blog-entry-71.html)から順に読んでください。

右列の「リンク」 minamiHP からホームページ に飛べます

最近のトラックバック

FC2カウンター

↑メール、お問い合わせなどはこちらからどうぞ。

ブログ内検索

月別アーカイブ