夏の終わりを感じる時 畑にて

暑い日もめっきり減って、昼間はまだ蝉の声も聞こえますが夜の庭は秋の虫に替わってきました。
前の日記を書いてからもう10日も経ってしまったのですね?!時間の流れが速くてついて行けません。

気をとりなおしてこの夏の作物の総括をしてみました(基本的に農薬は使いません)
◆立てキュウリは早々と病気になってしまいほとんど採れませんでした。
◆茄子も梅雨時に大量のでんでん虫にたかられて枯れそうになりましたが途中から持ち直し、まあまあの出来。枝伐りをしたのでまだこれから秋なすが楽しみです。

◆トマトは3本苗を植えましたがキュウリと同じ時期に病気になり、下半分の葉が溶けたようになってもうダメかと思いました。この時だけは特別にカリグリーンという薬をかけてやったところなんとか2本は持ち直してその上から伸びた枝は健康に育ちたくさんのトマトがなりました。
一本はダメになってしまいましたがその代わり、トマトはわき芽がたくさん出るのでわき芽を地面に突き刺して6本ばかり作り、今はわき芽から育ったトマトが採れてます。

◆カボチャは苗を2本植えましたが、私が間違えて親ヅルを摘んでしまったのでわき芽が伸びてさらに孫ヅルができるまで雌花が付きませんでした。大失敗!!うち一本は日陰で育ちが悪くとうとう成った実は一個だけ・・・トホホ。でも一本はいつまでもしつこく実が成っていたので全部で6個採れました。まだ一個は育ってます。

◆ピーマンとししとうは今年は大量のカメムシにびっしりたかられて、ゾッとするくらいだったのですが意外に平気で実を付けて普通に採れました。

◆7月半ばに蒔いた地這いキュウリがすごい出来!キュウリは何本かはダメになるつもりで全部で10カ所種を蒔きました。全部よく育ってしまいました。毎日7-8本ずつ採れます。困った??近くの人はみんな自分で作っているし、ジャガイモと違い遠くへ送るには水っぽいし。

◆同じく7月に蒔いたインゲンがいま取れ盛り。これはたくさんとれても困りません。

そんな感じで夏野菜を育てては食べてきましたが、そろそろ終わりですね。立てていた支柱を撤去してを耕し、ガラッと変わったの風景を見たとき「ああ夏が終わったな」と思うのです。

テーマ:田舎暮らし日記│ジャンル:ライフ
旧ブログ田舎日記 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/09/14(日)13:32

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

manago

Author:manago
はじめましてmanagoです。
日本画や絵本を描いています。

ブログの始まりは田舎日記でした。カテゴリー「旧ブログ田舎日記」を古いもの(6月5日http://uchumu.blog120.fc2.com/blog-entry-71.html)から順に読んでください。

右列の「リンク」 minamiHP からホームページ に飛べます(浅野陽 日本画)

最近のトラックバック

FC2カウンター

↑メール、お問い合わせなどはこちらからどうぞ。

ブログ内検索

月別アーカイブ